【今の最安がひと目でわかる】FLEXISPOT全機種比較詳細はこちら

FLEXISPOT全機種を比較。いまの最安が一目でわかる。安い時に安いサイトで買うのが鉄則

本記事の内容

FLEXISPOT全機種の価格を、サイト別に比較できる一覧表を紹介します。

開催中のセール情報も反映しているので、本記事を読めばどこで買えば一番お得に買えるのか一目でわかりますよ。

スタスタ

『スタンディングデスクを日本のスタンダードに』がモットーのスタスタです。

電動昇降デスクで大人気のFLEXISPOTは次のサイトから購入が可能です。

  • 公式サイト
  • amazon
  • 楽天市場
  • Yahoo!ショッピング

基本的に全サイトで価格は横並びですが、セール開催時期はサイトによってバラバラ。

そのため、次のような失敗談や悩みを多く見かけます。

ですくん

公式サイトのセールに気づかず、amazonで定価で買ってしまった…

つくえちゃん

どのサイトが一番安いか調べるのが面倒くさい

そこで本記事ではサイト別のFLEXISPOT全機種の価格をまとめました。

どのサイトがお得か一目でわかるので、割高で買ってしまったという失敗はしないですみますよ。

開催中のFLEXISPOTセール

開催中のセール無し

脚フレーム単体購入ができる機種

イメージ
※白・黒あり
E7proE7E8EC5E7L
EJ2
EJ2.0EF1EG1
公式サイト55,000円51,700円60,500円59,730円39,600円28,600円25,300円
amazon51700円60500円43800円38500円28600円25300円
楽天市場51,700円60,500円45,100円38,500円29,000円26,000円
Yahoo!51,700円60,500円45,100円38,500円38,500円29,000円26,000円
リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る
グレードD3D3D3D3D3D2D2S2S2
昇降範囲60~125cm58~123cm62~127cm62~127cm58~123cm69~118cm69~118cm71~121cm71~121cm
天板対応
サイズ
幅120~200cm
奥行60~80cm
幅120~210cm
奥行60~80cm
幅120~200cm
奥行60~80cm
幅120~180cm
奥行60~80cm
幅120~200cm
奥行60~80cm
幅120~200cm
奥行60~80cm
幅120~200cm
奥行60~80cm
幅100~160cm
奥行50~80cm
幅100~160cm
奥行50~80cm
耐荷重100kg125kg125kg100kg125kg100kg100kg70kg70kg
リモコンタッチパネルタッチパネルタッチパネルタッチパネルタッチパネルタッチパネルタッチパネル押しボタン押しボタン
メモリー機能
障害物検知
価格は脚フレームのみの価格
楽天・Yahoo!はポイントも考慮した金額

天板セットの機種

イメージEQ5EG1-Light
E9

EC9

E150

EG8/EW8/EB8

UD4W

UD6

SD1

ED1B
UC1BES1
公式サイト35,200円46,750円55,000円58,300円24,200円46,750円59,730円31,460円
28,314円
amazon42800円25800円35200円32000円27800円46800円55000円58300円24200円46750円
楽天市場46800円35,200円32500円46,800円55,000円46,800円27500円46,750円58000円30,500円
yahoo!35,200円35,200円32,500円46,800円46,800円27,500円46,750円58,000円30,500円
リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る
グレードD3S2S2S2S2S2S2S2S2S2S2S2
昇降範囲63.6~128.6cm73~123cm73~123cm73~123cm73~121cm72~121cm75~125cm75~125cm55~89cm73~123cm48~74.5cm40~58cm
天板サイズ1.6×60×120cm1.6×60×120cm1.8×60×120cm1.8×60×120cm1.6×60×120cm0.6×60×120cm13×60×121cm60×120cm1.8×60×80/100cm60×120cm60×120cm60×120cm
耐荷重100kg60kg50kg50kg50kg50kg40kg45kg40kg50kg50kg50kg
リモコン押しボタン上下ボタン押しボタン上下ボタン押しボタン押しボタン押しボタン上下ボタン上下ボタン押しボタン押しボタン押しボタン
メモリー機能
障害物検知
楽天・Yahoo!はポイントを考慮した金額

記載の金額は下記のポイントは考慮していません

  • 楽天、Yahoo!のポイントアッププログラム
  • 楽天、Yahoo!の「0と5のつく日」
  • 楽天、Yahoo!のショップ買い回りポイント
ですくん

機種が多すぎて選べないよ…

スタスタ

大丈夫。「選び方のポイント」と「各機種の特徴」も解説します。

クリックできる目次

FLEXISPOTの選び方のポイント

FLEXISPOT全機種を比較するうえでチェックしておくべきポイントを、要点に絞って紹介します。

スタスタ

詳細が知りたい方は「FLEXISPOT選び方のコツ」の記事を参考にしてください。

「脚フレーム単体」か「天板セット」

FLEXISPOTには「脚フレーム単体」で購入できる機種と、「天板セット」で購入する機種の2つに分けられます。

それぞれメリット・デメリットは次の通り。

画像参照元:amazonより
脚フレーム単体の特徴
  • 他所で調達した天板を使ってもOK
  • 天板セットでの購入も可能
  • 天板サイズ奥行80×幅210cmまで対応
  • 普及~高級グレードまで幅広い品ぞろえ
  • 電動ドライバーが無いと組み立てが大変
  • トータルコストは高くなりがち
画像参照元:FLEXISPOT公式サイト
天板セットの特徴
  • 組み立てが簡単
  • 価格が安め
  • 用途が明確な機種が多い
  • 奥行60×幅120cmしかない
  • ハイグレードの機種が少ない
  • 天板が薄い
スタスタ

天板にこだわりのある方は「脚フレーム単体」の機種を選ぶのがおすすめです。

天板について詳細は別記事「FLEXISPOTの天板の選び方」を参照にしてくださいね。

グレードで比較する

約20機種にもおよぶFLEXISPOTの電動昇降デスク。ひとつひとつスペックを比較するのは大変です。

そこで、ぜひ意識してほしいポイントがあります。

それがグレードで比較すること。

FLEXISPOTに限らず、電動昇降デスクは「モーター数」と「足の段数」で3つのグレードに分類できるんです。

  • D3 デュアルモーター×3段足
  • D2 デュアルモーター×2段足
  • S2 シングルモーター×2段足

各グレードの特徴をまとめた表は次の通り。

グレードイメージ価格帯耐荷重天板対応幅昇降範囲昇降スピード重量
D3
(Dual×3段)
高め100~125kg幅120~210㎝約60~123㎝38㎜/sec35㎏
D2
(Dual×2段)
普通100kg幅120~210㎝約70~123㎝38mm/sec30㎏
S2
(Single×2段)
安い70kg幅100~160㎝約70~123㎝25mm/sec22㎏
D3/D2/S2は私が勝手に決めた記号です

\タブをクリック/

デュアルモーターは「天板対応幅」が広く「耐荷重」が高く、頑丈でパワフル。

モーター数天板対応幅耐荷重
デュアル120~210㎝100~125㎏
シングル100~160㎝70㎏
  • 幅140cm以上の天板
  • 20㎏以上の重い天板

上のような場合は、デュアルモーターの機種がおすすめです。

以上の内容を「身長」「天板サイズ」別で、表にまとめると…

身長/天板サイズ別おすすめグレード早見表

身長天板幅100~140㎝
(耐荷重70㎏)
天板幅141~210㎝
(耐荷重100~120㎏)
150~160㎝D3D3
160~180㎝D3 or S2※D3 or D2※
180~195㎝S2D2
※はフットレストを使用した場合
スタスタ

次は「機能」についてです。

その他機能

FLEXISPOTのはさまざまな機能があります。

その中で多くの機種に搭載されている機能がこちら。

機能名おすすめ度機能の説明
リモコン方式タッチパネル、押しボタン式がある。タッチパネルにはチャイルドロック機能あり
メモリー機能ワンプッシュで設定した高さまで自動で昇降する機能
障害物検知昇降時にイスや棚などの障害物に当たると自動でストップする機能
同一姿勢アラーム長時間、同じ姿勢だとアラームでお知らせしてくれる機能
USBポート充電用のUSBポート
コの字脚足の形がコの字型なので、ワゴンなどを設置しやすい
スタスタ

優先順位が高いのは「メモリー機能」と「障害物検知」。この2つはあったほうが便利ですよ。

「天板セット」の機種には、他にもその機種独自の機能があります。それらについては、次の機種ごとの特徴解説で紹介しますね。

次は機種ごとの特徴を解説します

デュアルモーター×3段足(D3グレード)

D3グレードの機種の特徴

最上位グレード

老若男女問わず、誰にでもフィットする最上位グレード

天板幅200cmまで対応可能

作業スペースが広いと仕事も捗る!

耐荷重100kg

重い機材や、本や資料を多く載せる人も安心

昇降範囲が広い

60cmまで下降するので、身長170cm以下の人も快適

本体重量が30kg超

(搬入・組立は大変だけど)重心が低くなるので揺れにくい

機種特徴購入形態耐荷重天板対応サイズ本体重量リモコンメモリー機能障害物検知その他リンク
E7pro公式サイト限定の最上位機種脚フレームのみOK100kg奥行60~80cm
幅120~200cm
36.8kgタッチパネル
USBポート付き
有り有りコの字脚詳細を見る
E7売り上げNo.1の人気機種脚フレームのみOK125kg奥行60~80cm
幅120~210cm
35.6kgタッチパネル有り有り詳細を見る
E7L貴重なL型デスク対応脚フレームのみOK125kg奥行60~80cm
幅140~200cm
不明タッチパネル
USBポート付き
有り有りL型天板詳細を見る
E8やさしい楕円形状の脚フレーム脚フレームのみOK125kg奥行60~80cm
幅120~200cm
36kgタッチパネル
USBポート付き
有り有り楕円形状の脚フレーム詳細を見る
EC5D3グレードの最安機種脚フレームのみOK100kg奥行60~80cm
幅120~180cm
28.2kgタッチパネル
USBポート付き
有り有り逆三角脚詳細を見る
EQ5D3グレード唯一の天板セット天板セット100kg奥行60cm
幅120cm
38kg
※天板含む
押しボタン有り有り逆三角脚
USBポート
フック&引き出し
同一姿勢アラーム
詳細を見る

E7pro|FLEXISPOTの最上位機種

画像参照元:FLEXISPOT公式サイトより

E7proは公式サイト限定のD3グレードの中でも最上位の機種。

姿勢アラームを除くほぼすべての機能が盛り込まれています。

E7との違いは「コの字型の脚」。

FLEXISPOT公式サイトより

コの字型の脚のメリットは次の通り。

  • ワゴンがおける
  • 脚が壁に近づき、スッキリと見える

「空間をスッキリ見せたい」「ワゴンを置きたい」という人におすすめです。

よく似た比較される機種との違いも、かんたんに紹介しますね。

\ タブをクリック /

E7proE7
USBポート有り無し
足の形コの字足エの字足
耐荷重100kg125kg
天板対応幅120~200cm120~210cm
E7proとE7の違い

\公式サイト限定/

D3グレードのトップに戻る

全機種比較表に戻る

E7|売上NO.1の人気機種

画像引用元:FLEXISPOT公式サイトより

E7は売り上げNO.1の人気機種

  • 幅210cmまで対応
  • 高さ60cmまで下降
  • 耐荷重125kg

老若男女問わずとりあえずこれ買っておけば間違いなし。人気があるのも頷けるスペックになっています。

公式サイト限定のE7proと違い、Amazon・楽天・Yahoo!でも購入が可能。そのため各サイトのセールを狙って購入しやすいこともE7の嬉しいポイント。

よく比較される他機種との違いもまとめたので、参考にどうぞ。

\ タブをクリック /

E7E7pro
価格51700円55000円
USBポート無し有り
足の形エの字足コの字足
耐荷重125kg100kg
天板対応幅120~210cm120~200cm
E7proとE7の違い
スタスタ

E7とE7proの一番の違いは足の形状です。

D3グレードのトップに戻る

全機種比較表に戻る

E7L|貴重なL型デスク対応

FLEXISPOT公式サイトより

E7LはL型の天板に対応した機種。

「L型天板対応」という特徴以外E7とほぼ同等のスペック。違いはUSBポートの有無くらいです。

L型デスクは「広い作業スペース」「作業の切り替えがスムーズ」といった実務的なメリットに加え、自分だけの秘密基地のような感覚になる感情的メリットも見逃せません。

FLEXISPOT公式サイトより

「設置レイアウトが難しい」というデメリットはありますが、そこがクリアできるならば是非とりいれたい憧れのデスクです。

残念ながら、スタンダードなメラミン天板の品揃えがなく、高価な天然木天板(luxuary)を選ぶしかありません。

安く済ませたい方はホームセンターで針葉樹の集成材でDIYすることをおすすめします。

\ 貴重なL型デスク /

D3グレードのトップに戻る

全機種比較表に戻る

E8 |人にも環境にも優しい

画像引用元:FLEXISPOT公式サイトより

E8の1番の特徴は脚フレームが楕円型という点。

一般的な角型の脚フレームも悪くは無いのですが、ちょっぴり無骨なデザインですよね。それに対し、E8の楕円型は優しく女性的なデザイン。

FLEXISPOT公式サイトより

特にバンブー(竹製)天板と白フレームの相性がよく、柔らかさを一層引き立ててます。ナチュラル系インテリアの方におすすめ。

スペックも十分で人気No.1のE7と同等以上。身長160cm以下の方、大量の機材や本・資料をのせてる方、どんな人も満足できること間違いありません。

E8E7pro
価格60500円55000円
足の形エの字足コの字足
足の断面形状楕円形四角形
耐荷重125kg100kg
EeとE7proの違い
スタスタ

E8とE7proの一番の違いは足の形状です。

D3グレードのトップに戻る

全機種比較表に戻る

EC5|D3グレード最安

「EC5」はFLEXISPOTではなくSANODESKです。

とはいえ別メーカーというわけではなく、FLEXISPOTの通販に特化したサブブランドという位置づけ。

そもそもFLEXISPOTも実店舗がありませんけどね(;^ω^)

画像は別機種E150のもの

そのためEC5はFLEXISPOT公式サイトでは販売されておりません。amazon・楽天・yahoo!といった通販サイトのFLEXISPOT代理店でしか販売されていない機種となります。

そんなSANODESKのEC5の一番の特徴はなんといっても価格。高級なD3グレードの中でもリーズナブルな機種となっています。

次に紹介するEQ5と比べるとトータルコストは高いです。しかし、EQ5は天板セットの機種でサイズが60cm×120cmしかありません。

「天板は自由に選びたい」「広々としたスペースで作業したい」という方はEC5のほうがおすすめです。

EC5は価格以外に足が逆ピラミッドで揺れやすいという特徴もあります。

他D3グレードの機種は足がピラミッドのように下の方が太い構造になっているのに対し、EC5は上の方が太い構造になっています。

これは「上の方が太い=重心が高い=揺れやすい」ということ。

特に立ち作業時は揺れやすいので、書き作業が多い方は他機種のほうがおすすめと言えます。

EC5E7pro
価格43800円55000円
USBポートあり有り
足の形状エの字足コの字足
足の段構造逆ピラミッドピラミッド
耐荷重100kg100kg
天板対応幅120~180cm120~200cm
EC5とE7proの違い
スタスタ

EC5とE7proの一番の違いは足の形状です。

D3グレードのトップに戻る

全機種比較表に戻る

EQ5|D3グレード唯一の天板セット

画像引用元:FLEXISPOT楽天市場より

EQ5はブラック&グレーのツートン柄が特徴的なD3グレード唯一の天板セット機種です。

天板セットの機種ですが「かんたん組み立て」ではありません。

  • フレームと天板は自分で固定しなければならない(電動ドライバー推奨)
  • ブラックとグレーの天板を木ダボと金属プレートで連結しなければならない

デメリットを先に言ってしまいましたが「サイドフック」や「机下収納ボックス」といったアクセサリー付きなのは嬉しいポイント。

価格はD3グレードで最安となっており、「65cmまで下降するスタンディングデスクを出来るだけ安く欲しい」と考えている人にはおすすめの機種です。

D3グレードのトップに戻る

全機種比較表に戻る

次はD2グレードです

デュアルモーター×2段足(D2グレード)

D2グレードの機種の特徴

中級グレード

D3グレードの機種よりも13200円も安い

天板幅200cmまで対応可能

作業スペースが広いと仕事も捗る

耐荷重100kg

重い機材や、本や資料を多く載せる人も安心

天板は73㎝までしか下がらない

身長175cm以下の人はフットレストなどを利用しよう!

本体重量が30kg超

(搬入・組立は大変だけど)重心が低くなるので揺れにくい

機種特徴購入形態耐荷重天板対応サイズ本体重量リモコンメモリー機能障害物検知その他リンク
EJ2格安だけど頑丈脚フレームのみOK100kg奥行60~80cm
幅120~210cm
29.5kgタッチパネル有り有り詳細を見る
EJ2 2.0組み立てが簡単脚フレームのみOK100kg奥行60~80cm
幅120~200cm
不明タッチパネル有り有りかんたん組立詳細を見る

EJ2| 格安だけど頑丈な中級グレード

画像引用元:FLEXISPOT公式サイトより

EJ2は高さ70㎝までしか下がりませんが、天板は幅210㎝、耐荷重100kgまで対応が可能です。

昇降範囲以外スペックがほぼ同じのE7(D3グレード)に比べ13200円も安いので、

ですくん

広々とした机で作業したい。机の高さが70㎝?問題無いよ。

という方におすすめ。

机の高さが心配な方はフットレストなどで改善できます。

デスク高さ73cm問題を解消する3つの方法」の記事にくわしく解説しているので、参考にしてください(^◇^)

EJ2E7
価格38500円51700円
昇降範囲69~118cm58~123cm
天板対応サイズ幅120~200cm
奥行60~80cm
幅120~210cm
奥行60~80cm
耐荷重100kg125kg
EJ2とE7の違い
スタスタ

EJ2とE7の一番の違いは昇降範囲です。

EJ2 2.0| 進化したEJ2。組み立てが簡単

EJ2 2.0は公式サイト限定で販売されているEJ2の進化バージョン(2022年3月時点)

もっとも大きな違いは「かんたん組立」ということ。

ビーム(横桟)と支柱が最初から連結されているので、組み立て時間が15分程度短縮することができます。

とはいえ最も大変なフレームと天板のビス固定は必要なので、電動ドライバーの使用が推奨です。

そのため、かんたん組立は「公式サイトでEJ2を買うと、おまけでついてくる機能」というくらいの認識くらいがちょうど良いと言えます。

全機種比較表に戻る

最後にS2グレードです

シングルモーター×2段足(S2グレード)

S2グレードの機種の特徴

普及グレード

機能を厳選したリーズナブルなグレード

天板の対応幅は160cmまで

普通のPC作業だけなら、幅120~140cmでも十分な広さ

耐荷重50~70kg

極端に重い機材や物を多く載せないのであれば十分

天板は73㎝までしか下がらない

身長175cm以下の人はフットレストなどを利用しよう!

本体重量が20kg超

上位グレードに比べ軽量。1人でも組立がしやすい

機種特徴購入形態耐荷重天板対応サイズ本体重量リモコンメモリー機能障害物検知その他リンク
EF1コスパ最強脚フレームのみOK70kg
※天板含まず
奥行50~80cm
幅100~160cm
22.1kg
※天板含まず
押しボタン有り有り詳細を見る
EG1「脚フレームのみ」機種で最安脚フレームのみOK70kg
※天板含まず
奥行50~80cm
幅100~160cm
21.1kg
※天板含まず
押しボタン
※上下のみ
無し無し詳細を見る
EG1-LightFLEXISPOT最安機種天板セット60kg奥行60cm
幅120cm
27.4kg押しボタン
※上下のみ
無し無し詳細を見る
E9かんたん組立天板セット50kg奥行60cm
幅120cm
36kg押しボタン有り有りかんたん組立
コの字脚
詳細を見る
EC9かんたん組立
メモリ機能無しver
天板セット50kg奥行60cm
幅120cm
不明押しボタン
※上下のみ
無し無しかんたん組立詳細を見る
E150かんたん組立天板セット50kg奥行60cm
幅120cm
不明押しボタン
USBポート付き
有り有りかんたん組立
トレー、フック付
詳細を見る
EG8ガラス天板
引き出し付き
天板セット50kg奥行60cm
幅120cm
44.3kg押しボタン有り有りガラス天板
引き出し付き
USBポート付き
詳細を見る
EW8、EB8EG8木材天板ver天板セット50kg奥行60cm
幅120cm
押しボタン有り有り引き出し付き
USBポート付き
詳細を見る
UD4大型引き出し天板セット40kg奥行60cm
幅120cm
46.1kg押しボタン有り有り大型引き出し付き
USBポート付き
詳細を見る
UD6かわいい引き出し天板セット45kg奥行60cm
幅120cm
不明押しボタン
※上下のみ
無し無し引き出し付き
棚付き
詳細を見る
SD1こども用学習机天板セット40kg奥行60cm
幅80/100cm
21.1kg(W80)
25.5kg(W100)
押しボタン
※上下のみ
無し無しカバンフック
楕円形状の足
詳細を見る
ED1クリエイター用デスク天板セット50kg奥行60cm
幅120cm
50kg押しボタン有り有り天板角度調整
天板折りたたみ
詳細を見る
UC1Bリビング用ローテーブル天板セット40kg奥行60cm
幅120cm
33kg押しボタン無し無し詳細を見る

EF1|必要な機能を厳選したコスパ最強機種

画像引用元:FLEXISPOT公式サイトより

エントリーモデルと言いつつも、「メモリ機能」「障害物検知」といった重要な機能を搭載。必要な機能だけを厳選したコスパ最強の機種。

スタスタ

私もEF1を購入しました。

次に紹介するEG1にはこれら機能がなく、3300円の価格差になっています。

個人的にはメモリ機能と障害物検知には、3300円以上の価値があると感じています。

EF1に搭載されているリモコン。

メモリーボタンの他に、LEDパネル(高さ表示灯)もついているので、高さが一目でわかるのも重要なポイントです。

EF1E7
価格28600円51700円
天板対応サイズ幅100~160cm
奥行50~80cm
幅120~210cm
奥行60~80cm
耐荷重70kg125kg
リモコン押しボタンタッチパネル
EF1とE7の違い
スタスタ

EF1とE7の違いは天板対応サイズ、耐荷重、昇降範囲、リモコンです。

S2グレードのトップに戻る

全機種比較表に戻る

EG1|FLEXISPOT最安の脚フレーム

画像引用元:FLEXISPOT公式サイトより

EG1は脚フレーム単体で購入できる機種の中でもっとも低価格の機種。

「メモリ機能」「障害物検知」「高さ表示灯」といった機能はなく、ただボタンで机が上下するという、ごくシンプルな設定になっています。

EG1を使用している友人が言うには「メモリ機能は無かったら無かったで別に困らない。自分が電動昇降デスクに求めるのは電動で上下に動くこと。それだけ。」とのこと。(かっこいい・・・)

私はメモリ機能の便利さを知ってしまったので、もうこの考えには戻れませんが、案外そんなもんなのかもしれませんね。

S2グレードのトップに戻る

全機種比較表に戻る

EG1-Light|徹底的にコストを追究した最安機種

画像引用元:amazonより

EG1-Lightは名前のとおりEG1をLight(軽く)した機種です。

基本スペックはEG1とまったく同じで「天板セットか否か」という点が違います。

EG1とセット購入できる天板は、厚み2.5cmのD3グレードと共通のメラミン天板です。

いっぽうEG1-Ligteの天板は「厚み1.6㎝」「天板2分割」と、コストを追究した機種。

天板を含めても25800円と、amazonにひしめく無名中国ブランドと比較しても引けをとらない価格設定です。

スタスタ

冷静に考えて電動昇降デスクが25800円って安すぎますよね。

S2グレードのトップに戻る

全機種比較表に戻る

E9|かんたん組み立て

画像引用元:FLEXISPOT公式サイトより

E9は「かんたん組み立て」を特徴としている機種で、電動ドライバーはおろか付属の六角レンチだけで組立が可能です。

  • 横桟と天板が組付けられている
  • 横桟と足の固定にも工夫あり

本気で15分程度で組立ができます。

スペックはEF1とほぼ同等で、唯一の違いが足の形がコの字型ということくらいです。

「組み立て時に電動ドリルが必要なのかな…」と悩んでいる人におすすめの機種。

天板セットの梱包なので重たいです。力に自信が無い方は玄関で梱包をバラシて運ぶのも手ですよ

S2グレードのトップに戻る

全機種比較表に戻る

EC9|E9の廉価版

EC9はE9の廉価版。「メモリー機能」と「障害物検知機能」がありません。※EF1とEG1の関係と同じですね。

「できるだけ安く、できるだけ組み立てもかんたんなタイプがほしい…」という方におすすめの機種です。

S2グレードのトップに戻る

全機種比較表に戻る

E150|SANODESK のかんたん組立Ver.

画像引用元:FLEXISPOT楽天市場より

E150はFLEXISPOTのサブブランドSANODESKです。

E150はE9、EC9とおなじく「かんたん組立」が特徴の機種。

天板と横桟(ビーム)が組付けられて配送されるので、電動ドライバーが不要です。

モーターが横向きなのが嬉しいポイント。

他シングルモーターの機種はすべて縦向きなので、デスク下にワゴンを置くとモーターが邪魔なんですよね( ;∀;)

それと「ケーブルトレー」と「フック」といったアクセサリー付きなのでお得感があります。

最後に「かんたん組立」でよく似た3機種(E9、EC9、E150)の比較表を紹介しますね。

スクロールできます
機種E9EC9E150
価格35200円32000円27800~32500円
昇降範囲73~123cm73~123cm72~121cm
天板1.8×60×120cm1.8×60×120cm1.6×60×120cm
耐荷重50kg50kg50kg
メモリー機能有り無し有り
障害物検知有り無し有り
USBポート無し無し有り
脚の形状コの字コの字エの字
アクセサリー無し無しトレー、フック
E9、EC9、E150の違い
スタスタ

コの字足にメリットを感じないなら、EC5がおすすめ。

S2グレードのトップに戻る

全機種比較表に戻る

EG8|ガラス天板+引き出し付き

画像引用元:FLEXISPOT公式サイトより

ガラス天板が特徴的なEG8。

モニターアームがつけられないなどのデメリットもありますが、クールなインテリアが好きな人におすすめの機種。

引き出しやUSBポートもついているので、使い勝手も良い。

スタスタ

横桟も天板に取付済みなので、組立がかんたん。女性にもおすすめの機種です。

EB8とEW8|EG8の天板違い

EW8(メラミン天板)
EB8(竹天板)

「ガラス天板は苦手だけど、EG8のデザインは好み」という方に朗報。

EG8の天板違いの機種として、EB8とEW8が2022年春に発売されました。

  • EB8は竹製天板(Bamboo)
  • EW8は木製天板(Wood)

脚フレームまわりのスペックは3タイプすべて同じで、価格も同価格に揃えられています。

S2グレードのトップに戻る

全機種比較表に戻る

UD4|圧巻の大型ひきだし

画像引用元:FLEXISPOT公式サイトより

2021年10月に発売したUD4Wは大きな引き出しが特徴。

天板(引き出し)が大きいため、耐荷重は40㎏。重い物を収納しすぎて耐荷重を超えてしまわないように注意が必要です。

とはいえ、よっぽど重い物をのせない限りそうそう40㎏を超えることもありません。

引き出しの横にはUSBポートもついており、配線整理もすっきりしやすくなっています。

Type A×2、Type C×1

引き出しがあると何かと便利なので、ノートや筆記用具などをしまう人におすすめの機種です。

S2グレードのトップに戻る

全機種比較表に戻る

UD6|かわいらしいデザイン

画像引用元:FLEXISPOT公式サイトより

リビングのインテリアに溶け込むスタンディングデスク』がコンセプトのUD6

1番の特徴はひと目でわかるそのデザイン。北欧インテリアを想起させるやわらかい見た目で、ナチュラル系インテリアが好きな人にささるデザインですよね。

見た目だけでなく、大小ふたつの引き出しがついているので使い勝手もGOOD。

メモリー機能が無いのは残念ですが、デザイン性を重視した上下ボタンも潔くて好印象。

電動スタンディングデスクは無骨な見た目の商品が多いので、デザインに悩んでいた人に提案したい機種No.1ですね。

S2グレードのトップに戻る

全機種比較表に戻る

SD1|子ども用の勉強机

画像引用元:FLEXISPOT公式サイトより

SD1は子供用の学習机

  • 子どもの成長にあわせて高さを変えられる
  • 側面にはランドセルを引っかけられるフック
  • サイドバーで揺れにくい(消しゴムが最も揺れる)
  • 丸みのある足フレーム

以上の通り、スタンディングデスクという用途のための商品ではありません。

昇降範囲の上限は89cmなので、大人が使用するには低すぎるのでご注意ください。

S2グレードのトップに戻る

全機種比較表に戻る

ED1|クリエイター向け特化

FLEXISPOT公式サイトより

ED1は天板が斜めに傾くので、漫画家・イラストレーターといった絵を描く職業の方のために作られた機種です。

このED1を初めて見た時におもいだしたのが、漫画家の浜田よしかづ先生のスタンディングデスク環境。

圧巻のDIYですよね。Σ(・□・;)

でもこのED1なら、ここまで大掛かりなDIYは不要です。かんたんに斜め天板の環境を手に入れることができます。

はじめてED1を見た時は「どえらいニッチな機種を発売したな」と思いましたが、浜田先生のデスク環境を見るとピンポイントのニーズに応える機種なんだと実感しますよね。

クリエイターの腰を救う商品になるアイテムかも!

S2グレードのトップに戻る

全機種比較表に戻る

UC1B|リビング用ローテーブル

FLEXISPOT公式サイトより

UC1Bはリビング用のローテーブル。

腰が悲鳴をあげる床に座っての長時間作業。そんな方はこのUC1Bを使えば、気軽に姿勢を変えられるので腰痛から解放されそうですね。

クラシカルで重厚感のある見た目なので、ダーク系のインテリアに調和するデザインとなっています。

スペックは次のとおり。

  • 昇降範囲:48~74.5cm
  • 耐荷重:40kg
  • 天板サイズ:120cm×60cm
  • 天板材質:メラミン樹脂化粧板
  • 引き出し、USBポート付き

写真には写っていませんが、電源ケーブルをつなげる必要があります。

インテリアにこだわりがある方はカーペットで隠すなどの工夫が必要になりそう。

S2グレードのトップに戻る

全機種比較表に戻る

ES1|リビング用ローテーブル(ナチュラルVer.)

画像参照元:楽天市場ERGO

UC1Bと同様、リビングローテーブル向けのES1。

重厚なインテリアにマッチするUC1Bとは対照的に、ES1はナチュラルインテリアにぴったりなデザインになっています。

アメリカのFLEXISPOTのサイトをのぞいてみたところ、ES1は見当たらず、日本向けのオリジナルアイテムのようです。

  • 昇降範囲:40~58cm
  • 耐荷重:50kg
  • 天板サイズ:120cm×60cm
  • 天板材質:メラミン樹脂化粧板
  • メモリー機能付き
  • トレー、USBポート付き
最後にまとめです!

まとめ

本記事では、D3、D2、S2とグレード別に全機種の特徴を紹介しました。

かなり長い記事になってしまったので、読み直したい箇所があったら下のリンクからジャンプしてください

スタスタ

最後に冒頭で紹介した全機種の価格一覧表も紹介しますね。

脚フレーム単体購入ができる機種

イメージ
※白・黒あり
E7proE7E8EC5E7L
EJ2
EJ2.0EF1EG1
公式サイト55,000円51,700円60,500円59,730円39,600円28,600円25,300円
amazon51700円60500円43800円38500円28600円25300円
楽天市場51,700円60,500円45,100円38,500円29,000円26,000円
Yahoo!51,700円60,500円45,100円38,500円38,500円29,000円26,000円
リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る
グレードD3D3D3D3D3D2D2S2S2
昇降範囲60~125cm58~123cm62~127cm62~127cm58~123cm69~118cm69~118cm71~121cm71~121cm
天板対応
サイズ
幅120~200cm
奥行60~80cm
幅120~210cm
奥行60~80cm
幅120~200cm
奥行60~80cm
幅120~180cm
奥行60~80cm
幅120~200cm
奥行60~80cm
幅120~200cm
奥行60~80cm
幅120~200cm
奥行60~80cm
幅100~160cm
奥行50~80cm
幅100~160cm
奥行50~80cm
耐荷重100kg125kg125kg100kg125kg100kg100kg70kg70kg
リモコンタッチパネルタッチパネルタッチパネルタッチパネルタッチパネルタッチパネルタッチパネル押しボタン押しボタン
メモリー機能
障害物検知
価格は脚フレームのみの価格
楽天・Yahoo!はポイントも考慮した金額

天板セットの機種

イメージEQ5EG1-Light
E9

EC9

E150

EG8/EW8/EB8

UD4W

UD6

SD1

ED1B
UC1BES1
公式サイト35,200円46,750円55,000円58,300円24,200円46,750円59,730円31,460円
28,314円
amazon42800円25800円35200円32000円27800円46800円55000円58300円24200円46750円
楽天市場46800円35,200円32500円46,800円55,000円46,800円27500円46,750円58000円30,500円
yahoo!35,200円35,200円32,500円46,800円46,800円27,500円46,750円58,000円30,500円
リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る
グレードD3S2S2S2S2S2S2S2S2S2S2S2
昇降範囲63.6~128.6cm73~123cm73~123cm73~123cm73~121cm72~121cm75~125cm75~125cm55~89cm73~123cm48~74.5cm40~58cm
天板サイズ1.6×60×120cm1.6×60×120cm1.8×60×120cm1.8×60×120cm1.6×60×120cm0.6×60×120cm13×60×121cm60×120cm1.8×60×80/100cm60×120cm60×120cm60×120cm
耐荷重100kg60kg50kg50kg50kg50kg40kg45kg40kg50kg50kg50kg
リモコン押しボタン上下ボタン押しボタン上下ボタン押しボタン押しボタン押しボタン上下ボタン上下ボタン押しボタン押しボタン押しボタン
メモリー機能
障害物検知
楽天・Yahoo!はポイントを考慮した金額

スタンディングデスクで生産性が爆上がりするなんてことを言うつもりはありません。

でも『確実に』効率が上がることは間違いないと断言しますよ。

以上、スタスタでした。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
クリックできる目次
閉じる