【実質40%OFF!】FLEXISPOTブラックフライデー詳細はこちら

【パワフルvsコスパ】FLEXISPOTのEJ2とEF1の違いとは?

本記事の内容

本記事ではFLEXISPOTフレキシスポットEJ2とEF1どちらがあなたにおすすめなのか?を紹介します。

EJ2とEF1の違い

  1. モーター数
  2. 天板の対応幅
  3. 耐荷重
  4. リモコン
  5. 重量

とくに重要なのは「天板の対応幅」と「耐荷重」。私が実際にEF1を使用している写真と、具体例を挙げて紹介します。

数年前まで10万円以上が当たり前だった電動昇降デスク。

それをたった3~5万円で購入できるようにしてくれた神コスパのブランドがFLEXISPOTです。

そんなFLEXISPOTの中でも特にコスパが高いモデルがEF1

エントリーグレードでありながら「メモリー機能」と「障害物検知機能」を搭載し、快適かつ安全に使うことができます。(筆者もEF1を愛用中)

しかしEF1は耐荷重が70kgで、パワフルさに欠けるという弱点もあります。

そのため次のようなハードな環境の時は、中級グレードのEJ2の方がおすすめです。

  • 140cmより大きい天板
  • 2台以上の外付けモニター
スタスタ

本記事ではもう少し掘り下げて解説します。

\コスパの権化EF1/

\パワフルなEJ2/

この記事を書いた人
スタスタ
  • 「スタンディングデスクをスタンダードに」がモットー
  • 建材、家具の設計15年のアラフォー技術者
  • 睡眠4時間の残業まみれの生活からの脱却に成功
  • 仕事の効率を高めてくれたスタンディングデスクの情報を発信中
クリックできる目次

EJ2とEF1の違いを解説

EJ2とEF1のスペックを比較した表がこちら。

モデル名EJ2EF1
イメージ
モーター数デュアルモーターシングルモーター
脚段数2段2段
天板対応
サイズ
幅120~200cm
奥行60~80cm
幅100~160cm
奥行50~80cm
昇降範囲69~118cm71~121cm
耐荷重100kg70kg
昇降スピード38mm/sec25mm/sec
重量28.4kg19.6kg
脚の形状エの字型エの字型
メモリ機能
障害物検知
リモコン
フルタッチパネル

押しボタン
USBポート
価格53,900円30,800円
EJ2とEF1の比較表

モーター数の違いがスペックに違いを生む

モデルEJ2EF1
イメージ
モーター数デュアルモーターシングルモーター
つくえちゃん

モーター数が違うと、具体的に何がちがうの?

スタスタ

耐荷重」「天板対応幅」「モーターの位置」に違いがでます。

耐荷重と天板対応幅については次の項で詳しく解説するので、ここではモーターの位置について解説しますね。

  • デュアルモーター
    モーターがビーム(横桟)に内蔵されていて、外観がスッキリしている
  • シングルモーター
    モーターが天板の下に飛び出している
我が家のEF1(シングルモーター)の写真

天板の下から飛び出している黒い円筒状の部品がモーターです。

見た目が悪いだけでなく、デスク下にワゴンを設置する際に地味に邪魔

ワゴンに物を置いたのを忘れて、デスクを下降させてしまい、ヒヤッとしたことがあります。

スタスタ

スペック表ではわからないシングルモーターのデメリット

天板対応サイズ

モデルEJ2EF1
天板対応サイズ幅120~200cm
奥行60~80cm
幅100~160cm
奥行50~80cm

EF1は天板対応幅が160cmまでなのに対し、EJ2は200cmまで設置可能です。

しかしEF1の公式オプション天板は140cmまでしか品ぞろえがありません。

ですくん

天板サイズ選びの目安って何かある?

スタスタ

用途、使用デバイスごとにまとめた表を紹介しますね。

幅について

160㎝以上とても大きいサイズ
さまざまな道具を多く広げても余裕がある。「物撮り」や「ピアノ鍵盤」など、特別な作業をする人におすすめ
140cm少し大きめのサイズ
マルチディスプレイにしたうえで、A3資料資料を広げられるスペースがある。
120cmスタンダードなサイズ
マルチディスプレイでも使用可能だが、A3資料を広げると手狭に感じる。
100cmコンパクトなサイズ
ノートパソコンのみで作業するには十分なサイズ
参照元:オフィスのギモンより

奥行について

70cmスタンダードなサイズ
マルチディスプレイ+A3資料を広げて作業する人
60cmすこし小さめなサイズ
マルチディスプレイでも大丈夫。A3資料を広げるにはすこし手狭
50cmコンパクトなサイズ
ノートパソコンのみで作業する人向け
参照元:オフィスのギモンより

文字だけだとイメージしにくいと思うので、私のデスクを実例に紹介しますね。

使用しているのはFLEXISPOT EF1で、天板サイズが「幅120cm×奥行60cm」です。

「幅140cm×奥行70cm」と「幅160cm×奥行70cm」の線も書き足してあります。

実際に使ってみた感想ですが、設置スペースと予算が許すなら幅140cm×奥行70cm以上がおすすめ。A3書類などを広げる時に、幅120cmだと手狭に感じる場合があります(‘Д’)

詳しくは『FLEXISPOT EF1レビュー』を参考にしてくださいね。

耐荷重70kgあれば多くの人には問題ない

モデルEJ2EF1
耐荷重100kg70kg
ですくん

70kgとか100㎏って「実際どのくらい荷物を置いた場合か」イメージしづらいなぁ。

スタスタ

具体例を紹介しますね。例えば下の画像だと、積載重量はおよそ66kgです。

この写真でおよそ65.95kg
スクロールできます
積載物重量内容
天板25kgメラミン天板(t2.5×70cm×160cm
モニター16kg27インチモニター(8kg)×2台
モニターアーム6.3kgエルゴトロンLXデュアルデスクマウントアーム
PC本体14kgGALLERIA XF
ノートPC2.1kgMacBook Pro 16インチ
キーボード1.0kgLogicool G pro X
マウス0.1kgLogicool MX Master 3
ヘッドセット0.32kgLogicool PRO X G-PHS-003
ヘッドセットスタンド0.13kgノーブランド
スピーカー1kgJBL Pebbles
合計65.95kg
画像と表の商品は一致していません。あくまで重量の目安の参考にした商品です

これだけ大きな天板でモニターを2枚を積載してやっと70㎏弱。

多くの人にとってEF1の耐荷重70kgでも問題ないことがわかります。

しかし逆を言えば、この写真と同等以上の天板もしくは、モニターを複数枚つかう人はEJ2を選んだほうが良いといえます。

耐荷重ギリギリだと耐久性に不安がでますからね(-_-;)

他の具体例をもっと知りたい!という方はにもデスク周辺機器の重さをまとめた記事を参考にどうぞ。

一般的な在宅ワーカーのデスクやDTMといったシーンの場合も想定したデスク例も紹介しています。

昇降スピードは気にする必要なし

モデルEJ2EF1
昇降スピード38mm/秒25mm/秒
つくえちゃん

38mm/秒とか25mm/秒とか全くイメージできない…

スタスタ

動画を撮ってみました。

結論をいえば、昇降スピードを気にする必要はありません

たとえばデスクの高さを70cmから110cmまで、40㎝ほど上昇させる場合にかかる時間がこちら。

  • EJ2(38mm/秒):約10.5秒
  • EF1(25mm/秒):約16秒

たった5.5秒の差です。

しかも姿勢を切り替える時は、休憩を入れるタイミング。5秒の差なんてまったく気になりませんよ。

長い目でみれば足は重い方が良い

モデルEJ2EF1
重量28.4kg19.6kg
フレームの重さ
ですくん

搬入がラクだから、脚フレームは軽いほうがいいよね?

スタスタ

重いタイプの方が揺れにくいので、長い目でみればおすすめです。

私が使用しているEF1は19.6kgと比較的軽量ですが、立ち作業時も大して揺れません。

しかしそれは天板が小さく荷物も少ないから。

もし「重い天板」や「モニターを複数台」設置するのであれば重心が高くなり、揺れやすくなります。

そんな場合はEJ2をおすすめします。足が重いと重心が低くなり揺れにくくすることができます。

幼児がいるならリモコンはタッチパネル式がGOOD

モデルEJ2EF1
リモコン
タッチパネル

押しボタン
特徴スタイリッシュなデザイン
チャイルドロック機能付き
少し触れただけで誤作動する
シンプルなデザイン
チャイルドロックなし
ですくん

「タッチパネル」と「押しボタン式」で見た目以外に性能に違いはあるの?

スタスタ

タッチパネル式には「チャイルドロック」機能があります。

タッチパネル式には「チャイルドロック」があります。小さいお子さんが勝手に触ってしまうおそれがある場合はタッチパネル式のEJ2のほうがおすすめです。

ただしタッチパネル式は少し触れただけで作動してしまうというデメリットもあります。

価格の差は23,100円

モデルEJ2EF1
価格53,900円30,800円

EJ2とEF1の価格差は23,100円。

EJ2はモーターやフレームのスチールなどの使用量が多いため、コストにもろに反映されています。

しかしその分、EJ2は頑丈でパワフルなスペックに仕上がっており、デュアルモーターの機種では最安モデルとなっています。

一方、EF1は過剰なスペックを削ぎ落として、必要十分な性能に仕上がっていると言えます。

EJ2とEF1の違いまとめ

スクロールできます
モデル名EJ2EF1要点
モーター数デュアルモーターシングルモーターEF1はモーターが露出。「見た目」「ワゴンの設置」に難あり
天板対応
サイズ
幅120~200cm
奥行60~80cm
幅100~160cm
奥行50~80cm
ゆったり作業するなら幅140cm以上おすすめ
幅120cm以下ならEF1で十分
耐荷重100kg70kg外付けモニターを多数積みしなければEF1でも大丈夫
昇降スピード38mm/sec25mm/sec気にする必要なし
重量28.4kg19.6kgデスクの揺れを重視するなら重いEJ2が◎
リモコンフルタッチパネル押しボタン小さい子どもがいるならEJ2のタッチパネルが安心
価格53,900円30,800円価格差が23,100円と大きい
EJ2とEF1の違いまとめ

ひとつひとつ違いを紹介してきましたが重要なのは「天板サイズ」と「耐荷重」です。

  • 天板を幅160cm以上にする
  • モニターを3台以上設置する

いずれかの条件にあてはまる場合はデュアルモーターのEJ2がおすすめです。

逆に当てはまらない場合は23,100円も安いEF1のほうがおすすめです。実際に私はEF1で満足しています。

以上、スタスタでした!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

クリックできる目次