【楽天スーパーセール開催中】FLEXISPOTが20%OFF詳細はこちら

CB-CT5レビュー|サンワのメッシュケーブルトレーはずぼらな私にぴったりだった。

スタンディングデスクは上下に動くため、ケーブルの管理や整理が大変ですよね。

そのため各種ケーブルをまとめることができる『ケーブルトレー』は、快適なデスク環境を整えるのに欠かせないアイテムといえます。

しかし、ほとんどのケーブルトレーには次のような問題点があります。

  • 容積が小さい
  • プラグの抜き差しがしにくい
  • ケーブルが丸見え

私はFLEXISPOTのケーブルトレーCMP502を使っていたのですが、同様の問題で悩んでました。

しかし、サンワサプライのCB-CT5に取り換えたことで上記の問題が解決され、劇的に使いやすくなったので紹介します。

スタスタ

CB-CT5はスタンディングデスク用ケーブルトレーの決定版と言える商品でした。

サンワサプライ ケーブル配線トレーメッシュ汎用タイプ CB-CT5
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • たっぷり大容量
  • 抜き差しが簡単
  • ケーブルが隠れる
デメリット
  • 価格が高い
  • 欠品していることが多い
この記事を書いた人
スタスタ
  • 「スタンディングデスクをスタンダードに」がモットー
  • 建材、家具の設計15年のアラフォー技術者
  • 睡眠4時間の残業まみれの生活からの脱却に成功
  • 仕事の効率を高めてくれたスタンディングデスクの情報を発信中
クリックできる目次

CB-CT5の概要

最初にCB-CT5の基本情報について紹介しますね。

スペック

サイズW900×D156×H163mm
重量1.8kg
対応天板厚10~40mm
耐荷重3kg
材質ナイロンメッシュ
付属品クランプ×2、面ファスナー×4

CB-CT5の1番の特徴は布ナイロンメッシュ生地であること。ナイロンメッシュ生地のメリットは次の通り。

  • マジックテープで、気軽に何度でも電源タップを固定できる。
  • 全体を覆って、ケーブルを隠してくれる。
  • 吊るした状態でプラグを抜き差しできる。
スタスタ

詳しくは「使った感想」の章で紹介しますね。

商品の外観

梱包はしっかりと段ボールで被覆されており、輸送破損などの心配は無さそう。

サンワのメッシュケーブルトレーCB-CT5の梱包の外観

同梱物を取り出してみると、「ナイロンメッシュ」「クランプ×2個」「面ファスナー×4本」「説明書」のみ。

面ファスナー(マジックテープ)は長さ16.5cmしかないので、大きい電源タップだと長さが足りない場合あり。

サンワのメッシュケーブルトレーCB-CT5の同梱物と付属品

トレーは面ファスナーが張り付く起毛素材。どこにでも電源タップを固定することができます。

サンワのメッシュケーブルトレーCB-CT5の底面はファスナーが張り付く起毛素材

クランプに引っかける切り込み部分には「ほつれ」があり、ちょっと仕上がりがイマイチな部分もありました。

サンワのメッシュケーブルトレーのメッシュの外観にほつれ

サイズ

参照元:サンワサプライ

CB-CT5は幅900×奥行156×高さ約140mmと大容量。大きめのACアダプタでも、問題なく垂直に差し込めます。

ただしクランプ部は高さ38mmしかないので、この部分には厚みのある物(電源タップやACアダプターなど)は設置できません。

そのためクランプ間の458mmにおさまる電源タップがおすすめ。

私のおすすめはエレコムのECT-1530。長さ295mmとコンパクトながら上面にと側面の計10個の差込口があります。

スリムなので、同梱の面ファスナーでも引っ付けやすいのでおすすめ。

クランプ部分のかかりは約43mm。クランプ幅は20mmしかないので、10mm以上の面取りがある天板に固定するのは難しそう。

しかし、クランプが小さいということは目立ちにくいということ。

私はノートPCスタンドとEcho show5でクランプを隠しています。(*’ω’*)

クランプはちょこっとしか見えない

他商品との比較

CB-CT5と、他社の布製ケーブル商品との違いも紹介します。

スクロールできます
メーカーサンワサプライ
CB-CT5
サンワダイレクト
200-CT004BK
PREDUCTSMeliusDesignUprite Ergo
イメージ
価格7,4806,480円9,9005,28020,148
サイズW900×D145×H157W900×D145×H157W960×D85×H110W600×D85×H145W95.3×D10.2×H10.8
重量約2kg約2kg約1kg約1.2kg約0.9kg
耐荷重3kg3kg4.5kg3kg不明
リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る
価格は記事執筆時の内容

各商品の特徴を簡単にまとめたので、気になる人は下のタブをクリックしてくださいね。

\タブをクリック/

画像参照元:サンワダイレクト

サンワサプライが運営するネット通販サイト「サンワダイレクト」ブランドで販売されている200-CT004BK

基本設計はCB-CT5と同じで、ナイロンメッシュ生地だけが異なる商品。

どちらサンワ製品なので、好みで選んで良さそう。

スタスタ

比較した結果、私は価格とデザインのバランスが良いCB-CT5を選びました。

取り付け方法

クランプ式なので取り付けは超簡単ですが、CB-CT5の取り付け方法を紹介します。

STEP

クランプの取り付け

CB-CT5のクランプの取り付け方法

クランプは天板の横から差し込めばOK。天板を動かす必要は無し。

STEP

メッシュ生地をアームに引っかける

CB-CT5のメッシュ生地を引っかける

メッシュ生地をクランプに引っかけ、好みの位置でクランプを固定。

amazon basicのモニターアームのクランプとも干渉せずに取り付けできた。

STEP

フックにシャフトを引っかける

CB-CT5のメッシュ生地をフックに引っかける

ナイロンメッシュに仕込まれているシャフトを、クランプのアーム上部のフックに引っかける。

STEP

電源タップその他プラグの取り付け

ごつい電源タップだと面ファスナーの長さが足りない

ナイロンメッシュを引っかけた状態で、付属の面ファスナーで電源タップをメッシュ生地に張り付けます。

面ファスナーは長さが165mmしかないので、電源タップはスリムなタイプがおすすめ。

STEP

手前のシャフトをアームに引っかけて完成

必要な電源タップを挿し終えたら、手前のシャフトをアームに引っかければ完成。

\おすすめ電源タップ/

\おすすめケーブルスリーブ/

実際に使ってみた感想

この章では実際に使ってみた感想を紹介します。

メリット

  • 取り付けが簡単
  • プラグの抜き差しがしやすい
  • 簡単にケーブルを隠せる

CB-CT5は私のような面倒くさがり屋にぴったりの商品です。

取り付けが簡単

クランプ式のため、ネジ止め式のCB-CTERD5に比べると設置が簡単です。電動ドライバーが不要で、失敗する恐れもゼロ。

天板にクランプが少し見えますが、小さいのでPCスタンドや時計などで隠すのも全く問題なし。

逆を言えば、極力 デスクの上に物を置きたくない人はCB-CTERD5がおすすめ。

プラグの抜き差しがしやすい

頻繫にプラグを抜き差しする人にもCB-CT5はおすすめ。なぜならCB-CT5はナイロンメッシュを広げた状態で抜き差しできるから。

吊り下げた状態で抜き差しできる

しかし一般的なケーブルトレーは固定式。そのため狭いすき間で抜き差しせざるを得ません。とくに大きいACアダプタの場合はなおさら。

以前使用していたFLEXISPOTのケーブルトレー。正直、使いづらかった
スタスタ

私は出張時が多く、頻繫に抜き差するのでとても重宝しています。

簡単にケーブルを隠せる

私はそこまでPC周辺機器を持っていませんが、それでも下記の通りデスク上に電気を要する機器があります。

  1. ノートPC充電器
  2. サブモニター
  3. デスクライト
  4. Echo Show5(アレクサ)
  5. スマホ充電器(プライベート)
  6. スマホ充電器(仕事用)
  7. iPad用充電器

ケーブルトレーを開くと、いっぱい挿していゴチャゴチャしてます。

しかしケーブルトレーを畳むと次の通りスッキリ。

下から覗きこまない限り、ケーブルもほとんど見えません。

しかもトレーからコンセントまでは数本のケーブルを垂らすだけでOK。そのケーブルもスリーブでまとめてしまえばさらにスッキリします。

スタスタ

簡単・大容量・スッキリ!

デメリット

ここまで良いところだけを紹介してきましたが、CB-CT5にもデメリットがあります。

  • やや値段が高い(約7,000円)
  • 欠品していることが多い

やや値段が高い

一般的なワイヤーフレームのケーブルトレーの相場は3,000円程度。それに対しCB-CT5は約7,000円と倍以上。とても安い金額とは言えない価格ですよね。

しかし『他商品との比較』で紹介した通り、ナイロンメッシュのケーブルトレーは5,000円以上が相場。

私は7,000円でも納得の金額ですが、「プラグの抜き外し」を滅多にしない方は、ワイヤーフレームでも良いかも。

欠品していることが多い

CB-CT5は欠品していることが多く、私も購入してから手元に届くまで約2か月もかかりました(;^ω^)

後から知ったのですが、amazonや楽天で欠品していても、公式サイトでは在庫があったり、前述の同メーカーの別ブランド商品(200-CT004BK)は販売されていることもあるそうです。

欠品している際は、他サイトもチェックしてみてくださいね。

まとめ

最後にCB-CT5がを「おすすめする人」「おすすめしない人」をまとめます

サンワCB-CT5をおすすめする人

  • ケーブル整理が苦手
  • デスク上に電源を要するガジェットが多い
  • プラグを頻繁に抜き差しする

サンワCB-CT5をおすすめしない人

  • 価格が最優先(→ワイヤーフレームがおすすめ)
  • デザイン最優先(→PREDUCTSの方がおすすめ)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

クリックできる目次